遺言・相続

遺言や相続の問題で悩んでいませんか?
ご自分の財産をめぐって死後に相続人の間で争いがおこらないように遺言の作成や生前贈与をしておきたい方、ご家族が亡くなって相続がはじまった方の手続きをお手伝いいたします。

 

遺言

遺言とは、自己の財産の処分などについて遺す生前の最終の意思表示です。遺言がない場合には、民法に規定されている法定相続分により相続をするか、または、相続人の全員で遺産分割協議をして遺産の分割をすることになります。
ご自身の亡き後、全財産を相続人のうちのどなたかに相続させたい、あるいは特定の財産を特定の相続人に承継させたい、相続分を増やしたい、減らしたい、または、相続人以外の第三者や財団などに財産を譲りたいとお考えの場合、遺言にしておくことが必要です。
遺言がないと、相続人同士で遺産をめぐって争いがおこりいつまでも協議がまとまらなかったり、また、生前お世話になった人に遺産を分けることができなかったりと、様々な問題を生じる恐れがあります。そのような問題を解決するためにも、生前にご自分の意思表示として遺言を遺しておくことが大切です。

詳しくは、遺言手続きへ

相続

ご家族が亡くなると相続が始まり、被相続人(亡くなった方)の財産が相続人に引き継がれることになります。相続される財産は、プラスの財産だけでなく、マイナスの財産(借金や保証債務など)も含まれます。相続が開始したら、速やかに被相続人の財産のすべてを調査することをお勧めします。
遺言がある場合には、遺言者の生前の最終の意思を尊重し、遺言に基づいて遺産の分割をすることになりますが、遺言がない場合には、相続人全員で遺産分割協議をします。遺産分割協議が成立するまでは、個々の遺産(不動産、自動車、貯金など)を相続人全員で共有している状態になります。つまり、遺産を利用したり処分したりする際に、いちいち相続人全員の同意や承諾が必要なため手続きが煩雑となり、また、時間の経過とともに権利関係が複雑になり、遺産分割協議がまとまりにくくなる恐れがあります。
遺産分割協議で、特定の相続人についてマイナスの財産(借金)を相続しないことを取り決めたとしても、債権者(貸主)に対しては、借金を相続しないことを主張できません。借金を免れるためには、相続放棄の手続きが必要となります。

詳しくは、相続手続きへ
遺言・相続

司法書士・土地家屋調査士 小島事務所 東京都練馬区旭町一丁目11番15号 TEL:03(6760)1700