相続

誰が相続人になるのか、また、それぞれの相続分がどの程度あるのかという問題は、離婚、養子縁組や相続人にあたる者の死亡などの事情により複雑になっているケースが少なくありません。下記に、相続人となる順位および相続分について簡単に説明いたしますが、お悩みの場合にはお気軽にご相談ください。

相続人

相続人となる順位は、民法で下記のとおり規定されています。

常に相続人になる 被相続人の配偶者(民法890条)
第1順位 被相続人の子(民法887条)
第2順位 被相続人の直系尊属(民法889条)
第3順位 被相続人の兄弟姉妹(民法889条)

被相続人の配偶者は常に相続人となります。配偶者以外は、第1、第2、第3という順位で相続人となります。つまり、子供のいる夫婦の場合、夫が死亡すると、配偶者である妻と第1順位である子供が相続人となります。子供がいない夫婦の場合には、妻と夫の両親が相続人となり、子供も両親もいない場合には、妻と夫の兄弟姉妹が相続人となります。

法定相続分

それぞれの相続人について、どのような割合で相続するかという法定相続分が民法で規定されています。遺産分割協議をしないと法定相続分での相続となります。

被相続人に配偶者と子供1人がいる場合 配偶者
子供
2分の1
2分の1
被相続人に子供がおらず、配偶者と母がいる場合 配偶者
3分の2
3分の1
被相続人に子供も父母もおらず、配偶者と兄弟姉妹がいる場合 配偶者
兄弟姉妹
4分の3
4分の1

子供、直系尊属、兄弟姉妹が2人以上いるときは均等に分けます。例えば、子供が2人いる夫婦のうちの夫が死亡した場合、配偶者である妻が2分の1、子供は2分の1を均等に分けるためそれぞれ4分の1の相続分となります。

遺言・相続

司法書士・土地家屋調査士 小島事務所 東京都練馬区旭町一丁目11番15号 TEL:03(6760)1700